コンパクトパネルソーはC−4型とH−4型の2機種がございます。


アメリカ・セーフティスピードカット社には
様々なコンパクトパネルソーシリーズがラインナップされています。

私たち株式会社サンキは実際に現地に赴き、
全ての機械を見学してきました。

その中には素晴らしいモノもあれば、これは日本では使わないだろう、
輸入諸経費など考えると割に合わない等がありました。

そして私たち株式会社サンキが日本で取り扱う機種は下記の2点に絞りました。

コンパクトパネルソーC-4 コンパクトパネルソーH-4





また、このご時世、インターネットでアメリカ・セーフティスピードカット社の
ホームページをご覧になり、その価格の安さに驚いた方もおられますでしょうが、
セーフティスピードカット社では
定規、押さえ、集塵用カバー&ホースはおろか、
機械を立てるためのスタンドや刃物までがオプション扱い
となっています。

これはクルマに例えて説明しますと窓がついていない、
ワイパーがついていない、ライトがついていないから安いという価格設定です。
『窓が無くてもクルマは走る。』
『雨の日に乗るヒトはワイパーを購入してください。』
『ライトがついてないんだから夜は乗るな。』
クルマはキチンと動くのだから問題ない!
と言う考えは確かに間違いがありませんが、
動くことと便利に使えることは違います。


アメリカでは下記の部品類は全てオプション扱いです。
日本では全て標準装備品となります(集塵機本体は除く

私たち株式会社サンキの取り扱うコンパクトパネルソーは、
刃物や定規など作業に絶対必要と思われるものは、
あらかじめ標準装備品としてパッケージング販売しています。




価格 価格表ページを開く